LINEを活用し顧客の新規獲得から育成を支援

ブレインパッドは、BtoC向けマーケティングオートメーション「Probance(プロバンス)」が、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)のメッセージング管理ソリューション「DialogOne(ダイアログワン)」と連携を開始したことを発表した。

Probanceは、BtoCビジネスでの顧客とのコミュニケーションにおいて「誰に」「いつ」「何を」「どのように」をワンセットのキャンペーンとして管理し、各要素を顧客ごとにパーソナライズしたメッセージによりLTV(Life Time Value)を最大化することを得意とするマーケティングオートメーション。

LTVとは、顧客が一定期間内にその企業の商品やサービスを購入した金額の合計のことで、CRMの重要指標とされている。

DialogOneは、「LINE ビジネスコネクト」や「Facebook Messenger」を活用し、広告主が保有する顧客情報とLINEなどのアカウント情報などを掛け合わせ、各ユーザーに最適化したメッセージを配信できるソリューション。

今回の連携によって、会員登録済みの顧客への限定的なコミュニケーションだけでなく、LINE公式アカウントからの見込顧客(未会員)へのアプローチ範囲が広がるという。さらに、「誰に」「いつ」「何を」届けるかをProbanceが判別し、その結果に基づきDialogOneがメッセージを出し分ける。加えて、LINE IDと自社の会員IDを連携した顧客には、配信メッセージから遷移したWebサイト内の行動をトラッキングデータとして蓄積し、顧客とのコミュニケーションシナリオの出し分けにも反映できるという。

また、これまでProbanceを活用してマルチチャネルでの顧客コミュニケーションを行っている大手メーカーにて運用が開始されている。同メーカーでは、LINE ビジネスコネクトを活用したコミュニケーションが他のチャネルより高い効果を出していた。そのため、新規顧客獲得を強化する新たな入口としてLINE公式アカウントを開設している。

さらに、LINE公式アカウントにて広く友だちを増やし、自社商品への興味関心を醸成するメッセージを配信。そこから商品を購入した顧客には、自社の会員IDとLINEアカウントを連携するよう促すことで、今後は見込顧客の段階から既存顧客に育成するまでのLINE上でのコミュニケーションを一貫したシナリオで実現する計画。

ブレインパッド、BtoC向けMA「Probance」がDACの「DialogOne」と連携


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事