Watsonを活用した画像解析アプリの検証サービス

IBM Watsonエコシステム・パートナーであるエス・アンド・アイ(S&I)とジェナは、「IBM Watson Services for Core ML」を活用したiOSデバイス向けの画像解析アプリの開発・提供に先立ち、3カ月間の検証サービスの提供を開始する。

画像解析アプリの開発には、Appleの機械学習フレームワークである「Core ML」と「IBM Watson(以下、Watson)のVisual Recognitionを活用する。

IBMとAppleは、2018年3月に米国ラスベガスで開催されたIBMイベント「Think 2018」にて、WatsonのサービスとCore MLを連携させるソリューションであるIBM Watson Services for Core MLを発表した。

Visual Recognitionはこのソリューションのうち最初に利用可能となったサービス。iPhoneやiPadで撮影した静止画や動画を、オフラインでもWatsonを利用して画像解析できる点が特徴だ。

クラウドにアクセスするのが難しい環境や、イベント会場など、局所的にアクセスが集中し、ネットワークへつながりにくい状況下でも、スムーズに解析できるという。S&Iとジェナでは、これらのメリットを活かし、より手軽にiPhoneやiPadを利用してリアルタイムに画像を解析できるアプリの開発、実運用化を目的とした検証サービスを提供する。

店舗などでお探しの商品の実物を撮影し、該当製品の情報を可視化することで販促につなげる画像分析に基づく「プロモーション」や、商品を撮影して該当製品を識別、そのままショッピングカートに入れるまでのフローを促す画像認識による「販促の加速化」、商品の破損箇所などを撮影し、画像診断を基に撮影したその場で原因を特定、早期解決を実現することなどに役立てられる。

両社は、ツールについての理解や業務における活用効果検証が実施できる「3カ月検証サービス」を提供。「技術トレーニング」「学習データの精度向上支援」「検証用アプリケーション(契約期間内のみご利用可能)」「検証結果をまとめた評価レポート」などが含まれる。オープンテスト結果をまとめたレポートは、本番導入に向けた判断のための材料としても活用できる。

IBM Watson Services for Core MLを連携したアプリの開発に国内でいち早く着手


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事