夏の富士山をより安心・安全、快適に楽しむ

静岡県御殿場市、静岡県小山町、KDDI、KDDI総合研究所は、2018年7月10日から9月10日までの富士山の開山期間、安心安全で快適な登山のサポートなどを目的に、IoTを活用して富士山登山口の登下山者数ならびに温湿度を「見える化」する期間限定のサービス「ミエル フジトザン」を提供する。

今回提供するサービスは、静岡県の富士山登山口である御殿場口登下山道、須走口登山道ならびに宝永山馬の背に設置したIoTセンサーを活用して、その地点における通過人数のほか、温湿度をWeb上で確認できる。これにより、登山者はこのサービスを活用することで、事前にその地点の混み具合や気温などを把握できるため、スケジュール管理や服装の準備など適切な登山計画に役立てられる。

このサービスに用いるIoTセンサーは、KDDIの4G LTEネットワークを利用するLPWA(Low Power Wide Area)技術を用いた通信規格「LTE-M」に対応している。ゲートウェイ(親機)の設置が不要なほか、低消費電力、広範囲の通信を安定して利用できる。

御殿場市と小山町は、同サービスで得られたデータを、今後の富士山登山口などにおける整備計画やツアー造成などに活用し、富士山における利便性の向上を目指す。

また、「Mt. FUJI TRAIL STATION」(静岡県御殿場市富士山御殿場口新五合目)において、天候に関わらず晴れた日の美しい富士山を楽しめる望遠鏡型のVR「VR View Scope」を設置する。

さらに、訪日外国人の利便性向上を目的に「KDDI AI翻訳」と「KDDI TV通訳」、ならびにNICTの技術を活用した「音声翻訳」を搭載したタブレットの配備とFree Wi-Fiを整備し、訪れる人それぞれの目的に合わせ、より安心して富士山を楽しんで頂けるようなコミュニティースペースを提供する。

富士山登山口の混雑、温湿度を見える化! IoTを活用した期間限定サービスの提供を開始!

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事