自動運転の公道走行テストにおけるデータ解析を支援

市販車ADAS機能の公道走行テストなどで活用されている計測データの収集サービス「RoboTest」を提供してきたZMPは、収集したデータやユーザーの保有データへのタグ付け・分析や解析作業を総合的にサポートする新しいプラットフォームサービス「RoboDataPlatform」を発表する。

RDPは、ZMPが提供しているデータ計測サービスRoboTestの新しいメニューとして開発された。このサービスでは、データを解析するためZMPが提供する基本アプリケーションの他、ユーザー自身がアプリケーションを登録し、それら複数アプリケーションを連携してアウトプットを得ることができる。

ZMPが提供する基本アプリケーションは、映像や車両操作データ、GPS、IMUといった走行時のデータを同時に表示するようなビジュアライズアプリ、車両の操作状態から自動で直進・右左折などのシーン分けを行うアプリ、さらに映像へ自動でラベル付けなどのアノテーションをするアプリなど、取得したデータを効果的に活用するためのアプリケーション群がある。

ユーザーは基本アプリケーションに加え、RDP上で提供されるAPIを利用してユーザー独自の分析アルゴリズムを実装したアプリケーションを登録し、ZMPの提供する基本アプリケーションとユーザアプリケーションを組み合わせたり、アプリケーション間でデータを連携し、処理できる。これによりユーザーは、目的に応じて保有するデータを効率的に処理・分析するツールとして利用可能。

昨今の自動車のADAS開発や自動運転技術の開発においては、様々なセンサーからの膨大なデータの解析や分析が必要で、そのデータ処理や分析のツールが求められている。RDPは、タグ付けなど収集したデータを分析・解析するための様々なアプリケーションを利用できるプラットフォームとなっており、ユーザーの研究開発の効率化を支援する。

公道走行テストサービスRoboTestの新サービス ロボ・データ・プラットフォームを発表

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事