グローバル回線・オペレーション・コンサルティングをワンストップで提供

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、グローバルでIoTサービスを展開するために必要な各国での回線やオペレーション、コンサルティングをワンストップで提供するグローバルIoTソリューション「Globiot」(グロビオ)を、法人企業向けに2018年7月2日に提供する。

Globiotは、これらの実績やノウハウをサービスメニューとして整理し、ローミング、現地SIM、eSIMを組み合わせた最適な回線選定、各国でのビジネスモデル検討、海外での運用保守設計・サポート、通信環境調査、IoT関連規制調査・認証取得支援などをワンストップで提供するマネージドサービス。

これまで、法人のユーザーが自動車・建設機械・農業機械・産業機械などの製品をグローバルに展開する際には、国ごとに煩雑な回線手配、現地でのサポートやトラブル対応が困難、現地規制や認証の手続きが分からないなどの課題があったが、ユーザーがこのソリューションを導入することで、円滑な展開が可能となる。

ドコモは、2012年から通信回線を一元管理可能なdocomo IoT回線管理プラットフォームを提供し、2014年からeSIMソリューションを商用化、またIoT World Alliance、SCFA、Conexusなどのアライアンス、世界中の数多くの通信事業者との個別協業、様々なパートナーとの連携により、法人ユーザー向けにグローバルなIoTの展開を支援してきた。

法人向けグローバルIoTソリューション「Globiot」(グロビオ)を提供開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事