OCR技術とAIを活用し、非定型の請求書をデータ化

日立情報通信エンジニアリングは、企業の出納業務における非定型の請求書のデータ入力業務、その入力したデータと申請データの確認業務を自動化する「AI活用帳票入力ソフトウェア」を2018年7月2日に販売開始する。

AI活用帳票入力ソフトウェアは、間接部門のルーチンワークに着目し、帳票入力の自動化を目的に開発した。従来、紙や画像データの請求書から会社名、請求金額などの必要情報を人手入力し、申請データと照合していた。スキャンした非定型の請求書をこのソフトウェアにより「会社名」「請求金額」などを自動認識しデータ化する。さらに、認識した文字の確からしさ(確信度)を数値化し、確信度の高いものは申請データとの照合まで自動化する。

項目や位置など請求書の様式が異なっていても、様式登録(定義)なしで利用開始でき、導入初期は確信度が低く、人手で確認、修正を行うことがある場合でも、テンプレート学習を重ねることで確信度が向上。人手作業が徐々になくなることが最大の特長だという。これにより、非定型の請求書でも、入力、確認業務まで自動化でき、経理業務の人件費を抑えることや作業者を他の業務に充てるなどの有効活用が可能になる。

この技術を取り入れたRPAシステムを日立グループの出納業務に試験的に運用した結果、70%の帳票を自動処理できることが確認されている。

非定型の請求書をデータ化「AI活用帳票入力ソフトウェア」を販売開始


カテゴリー: 情報通信 , 金融 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事