北海道室蘭市で水素サプライチェーンを構築する実証事業

日本製鋼所は、水素の製造・貯蔵・運搬・移送・利用までのサプライチェーンを構築する実証事業を実施する。

実証実験は、大成建設を代表企業として、室蘭市、九州大学、室蘭工業大学、巴商会、北弘電社と共同する。

北海道室蘭市が所有する祝津風力発電所で発電した電気を使い、水電解水素製造装置で水素を製造し、車載用コンテナに収納した水素吸蔵合金タンクに貯蔵する。現在普及している水素貯蔵方法は数百気圧の高圧水素ガスで貯蔵しているが、今回は水素吸蔵合金を用いることで水素を低圧で大量かつ安全に貯蔵可能にする。

これにより建物や街区への水素の普及促進を実証する。水素を充填した水素吸蔵合金はコンテナごと運搬車両に搭載し、水素利用場所の温浴施設に運ぶ。温浴施設には定置型の水素吸蔵合金タンクと純水素型燃料電池を設置し、車上の水素吸蔵合金タンクから水素だけを移送。燃料電池で発生する電気と温水は温浴施設で使用する。

この水素移送時には「熱のカスケード利用」を行い、水素を吸収する側のタンクで発生する熱を、放出する側のタンクの加熱に利用。また、定置型水素吸蔵合金から水素を放出するために必要な熱は、建物からの低温排熱を利用しエネルギーの効率向上を目指す。

北海道室蘭市で水素サプライチェーンを構築する実証事業を開始

カテゴリー: ロジスティクス , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事