安全性が重要視される車載アプリケーションの開発を可能に

amsジャパンは、安全性が重要視される車載アプリケーションで新たな省スペース設計の開発を可能にするI2Cインターフェースのデュアルダイ磁気式回転位置センサー「AS5200L」を発表した。

AEC-Q100グレード1認証を取得したAS5200Lは、従来のシフトレバー、ダイヤル式シフトなどのシフトバイワイヤや、ぺダルアプリケーションなどの電動パワートレインのドライブバイワイヤ制御機能の両方に特化した独自の特徴を持つ製品。

amsがこれまで提供してきた高い性能や信頼性を有する位置検出技術は、AS5200Lにおいてデュアルダイの提供により強化されている。ダイが積み重なった構成になっているのは、単一の小型ターゲットマグネットとの組み合わせで、各ダイから同一の測定出力を提供することができるようにするため。デバイスの電気的欠陥がそれぞれ別のダイに影響しないよう、各ダイには個別のパッケージピンが割り当てられている。

AS5200Lは、他のams製磁気位置センサーと同様に、漂遊磁場に対する固有の耐性を活かしており、ノイズの多い磁場環境でも高い精度と再現性による測定を提供。この測定結果は、他社の磁気位置センサーICが通常必要とするシールドの必要性がないので、非常に信頼性が高く、また、システムコストも抑えられると同社は説明する。

また、AS5200Lは、フットプリントがわずか5mm x 5mmの省スペースで、MLF-16パッケージに収められている。エクスポーズドパッドとウェッタブルフランクを採用していることから、ボードレベルのはんだ接合検査が素早く簡単に実施できる。

AS5200Lは、ギアシフトやペダルなどスペースに制約のある電動化自動車のアプリケーションや、ノブやジョイスティックなどその他の非接触式ポテンショメータのアプリケーションにおいて堅牢で高精度な回転位置検出の実装を求める自動車システム設計者にとって適しているという。

I2Cインターフェースを搭載しているため、専任のプログラマを必要とせずに、ホストマイコンによる動作パラメータのプログラミングを容易に行える。AS5200Lは、I2Cインターフェースを介し、あるいはPWM信号として角度測定を可能にしている。角度測定は12ビットの分解能で提供され、固有の非直線性に起因する最大誤差は±1°だという。

加えて、アクティブモードとスタンバイモードで低消費電力を実現。スマート省電力モードでは自動的に消費電力が低減されることから、100msごとにポーリングする際の平均電流はわずか1.5mAになっている。

ams、ハイブリッド車・電気自動車・従来型自動車のシフトレバー位置検出用車載グレードセンサICを発表

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事