オールインワンのIoTクラウドサービス、日本で提供開始

イグアスと米Swift Sensors(SS)は、SSのIoTクラウドサービス「Swift Sensors Cloud Wireless Sensor System(以下、Swift Sensors)」を日本市場で販売することに合意したことを発表した。

国内IoT市場は2022年まで年間平均成長率14.9%で成長し、市場規模は12兆円に達するといわれている。

Swift Sensorsは、IoTセンサーを、幅広い利用シーンで容易かつ安全に運用開始できるクラウドサービス。従来のIoTセンサーシステムは、センサーの選択、センサーネットワーク、データ収集システム、モニタリングシステムの構築、運用管理等が必要となり、時間とコストがかかる。Swift Sensorsでは、センサー、ブリッジ、クラウド上のセキュアなサーバ環境、ダッシュボードで構成された完成したシステムとして提供されるという。

『Swift Sensors』の主な機能は以下のとおりです。

(1)センサーデータを収集、保管、可視化、分析、異常通知
(2)ダッシュボードでしきい値の設定、通知メールの送受信、稼働率や分析レポートを確認
(3)温度・湿度・漏水、振動・位置・加速度・電気・磁気など30種類のワイヤレスセンサー
(4)クラウドカメラ監視サービス「Eagle Eye CLOUD CAMERA VMS」と連携し遠隔地から映像を確認
(5)APIで他のアプリケーションと連携

ソリューションの主なターゲットは、食品製造業や外食産業の厨房設備監視、産業用製造ラインの設備モニタリング、交通、輸送、データセンターなどのモニタリング。

IoTクラウドサービス『Swift Sensors』 日本での販売をイグアスが開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事