IoTデバイス向けセルラー通信モジュールを発表、Ayla Networks

Ayla Networksは、セルラーLPWA IoT市場への進出を表明し、同社の合弁企業パートナーであるSunsea Telecommunicationsは、AylaのIoTデバイスエージェントを出荷時にプリインストールしたIoTデバイス向けの新たなセルラー通信モジュールを発表した。

Ayla Networksは、デバイス管理とアプリケーション構築環境を提供するベンダー。

サンシーの通信モジュールは、IoT機器向けLTE規格であるNB-IoTと4G、2G携帯通信網に対応している。セルラーIoTソリューション向けに、エッジデバイスからクラウドまで設定不要のセルラーコネクティビティ、デバイス管理、アプリケーション構築環境を提供する。

Aylaのエージェントが動作するこれらのIoTデバイス向けセルラー通信モジュールを使用して、テレコムサービスプロバイダー、モバイルネットワークオペレーター(MNO)、IoTデバイス製品のメーカーは、セルラー通信を使用するIoTソリューションを、より迅速かつ容易に開発、導入できるという。

同社によると、現在、IoTソリューションは一般的にWi-FiやBluetoothなどの短距離ワイヤレス通信プロトコルに依存しているという。これらの手法は、農業やエネルギーといった屋外での利用を前提としたアプリケーションや、長距離通信の必要があるアプリケーションでは大きな課題となっている。

携帯通信網はその広域なエリアカバレッジに特長があり、世界の人口の90%をカバーすると推定されている。しかし、セルラーLPWAと異なり、既存の2G、3G、LTEなどの規格は電力の消費が大きく、音声やマルチメディアのアプリケーションに対するパフォーマンスを優先。そのため、低消費電力やバッテリー駆動のデバイス、または伝送頻度の少ないデータを扱うIoTアプリケーションには最適化されているとはいえない。

Ayla Networks、サンシー・テレコミュニケーションズのIoT向けセルラーLPWA通信モジュールにIoTデバイスエージェントをプリインストール

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事