低価格の3Dサラウンドビューシステムを開発、ルネサス

ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)と、カナダのMagna International(以下、マグナ)は、エントリレベルからミッドレンジの車両に最適となる低価格の3Dサラウンドビューシステムを開発したと発表した。

マグナの3Dサラウンドビューシステムでは、ルネサスのスマートカメラや3Dサラウンドビューに最適な車載用SoC「R-Car V3M」を採用した。この新しいシステムにより、自動車メーカーは幅広いユーザーにより安全で先進の自動車を提供できるという。

マグナの3Dサラウンドビューシステムは、パーキング時や低速運転時にドライバーを支援する360度パノラマビューを提供する車両カメラシステム。ドライバーは、使いやすいインタフェースで周囲の景色を操作でき、オブジェクト検出によって経路上の障害をドライバーに警告する。このシステムにより、ドライバーはリアリティのある360度の視界を手に入れることができ、俯瞰映像を表示するだけの既存の駐車支援システムも大幅にアップグレードが可能だという。

また、すぐに使用できるシステムのため、インテグレーションの時間や開発コストを最小限に抑えられるという。これにより、自動車メーカーは3Dサラウンドビューシステムを、容易に低価格なオプションとして追加できると説明する。

ルネサスによると、将来の車両には3Dサラウンドビューシステムを搭載していくとしている欧州の自動車メーカーを含め、自動車メーカー数社がすでにこの技術に強い関心を示しているという。

ルネサスとマグナ、幅広い普及車に先進の安全装備を提供


カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事