各コンテンツ横断型のTwitter分析レポートを提供開始

NTTデータと角川アスキー総合研究所(角川アスキー総研)は、「コンテンツ提供プラットフォーム横断型視聴者分析レポート(以下、視聴者分析レポート)」を提供開始する。

両社は、地上波テレビ放送、BS/CS放送、VODサービス、ストリーミング型ネット配信、ラジオなどの各コンテンツに関して投稿されるツイートデータを集計することで、プラットフォームを横断した視聴ユーザーの動向を確認する視聴者分析レポートを共同開発した。NTTデータは、ツイートデータの提供、ユーザー属性情報の提供、分析ノウハウの共有を行い、角川アスキー総研は、複数メディアコンテンツの辞書作成、統計分析を行う。

事業者は、これまで困難だった複数プラットフォームでの各コンテンツを俯瞰的かつ横断的な分析データを利用し、各プラットフォームの視聴状況の確認、コンテンツの評価が可能となる。

例えば、ネット放送が盛り上がっている際に地上波の盛り上がりはどうなっているか、対象コンテンツをツイートしたアカウントは他にどんなコンテンツに興味を持っているのか、年代性別はどのように分布しているかを確認する。

様々な視点から視聴者分析レポートを利用でき、これまでにない複数プラットフォームでの俯瞰的かつ横断的な情報として活用でき、各プラットフォームの視聴状況の確認、コンテンツの評価を可能にする。

昨今、コンテンツの視聴方法はテレビ機器からインターネットを利用したスマートフォンに変化しており、コンテンツ提供の方法も多様化している。現状、これら複数のコンテンツ提供プラットフォームの各番組が時間帯ごとに、どの程度話題になっているのかを横断的に見ることは難しい状況にあった。

NTTデータと角川アスキー総研は今後、視聴者分析レポートを数多くの事業者へ両社で提供し、ソーシャルデータを活用する市場のさらなる拡大を促進させる考え。

「テレビ放送とネット配信、視聴者はどう観ているか?」 Twitter分析レポート提供開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事