ドコモ、新日本海フェリーとの相互協力で災害時の協力体制を強化

新日本海フェリーとNTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害時における迅速なサービス復旧と被災者への支援を行う「防災及び災害対処活動に関する相互協力協定」を2018年4月16日に締結した。

両社の協力により、災害発生時には、総務省により制度化された「船上基地局」などを活用し、国土交通省が推進する「大規模災害時の船舶の活用」を充実するとともに、被災地域のライフラインの早期復旧と被災者などを支援する。

相互協力事項の主な内容は、「両社のインフラを活用した災害対策の検討」「船舶への船上基地局の設置」「船舶などに開設される避難所に避難する被災者などに対する支援」「防災対策や防災機能の向上を目的とした合同防災訓練や合同勉強会などの実施」となっている。

船舶上に設置した携帯電話通信用の基地局では、海上に錨泊した船舶上に設置した基地局(船上基地局)から沿岸部の陸上に向けて電波を発射し、サービスエリアを構築する。自然災害などにより陸上の基地局のサービスが中断し、沿岸部の広範囲において通信ができなくなった場合の復旧方法の一つとして活用する。

船上基地局から交換局の間をつなぐ回線には衛星エントランス回線を、衛星エントランス回線用の衛星アンテナは波浪の影響を考慮した衛星の自動追尾アンテナを利用する。

新日本海フェリーとドコモが「防災及び災害対処活動に関する相互協力協定」を締結


カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事