オンプレミスもメジャークラウドも統合監視、自動運用管理へ

ITシステムを保有するものから利用するものへと変えた。クラウドコンピューティングは「クラウド・ファースト」を合言葉に、いまや様々な組織に浸透している。大企業などでは適材適所を旨として、多様なクラウドとオンプレミス(構内)システムを併用することもある。

企業・団体向けにクラウドサービスを展開しているIIJはきょう、クラウドからオンプレミスまで点在するシステムを包括的に監視・運用する「IIJ統合運用管理サービス」において、顧客からの一次問い合わせ窓口である「統合サポート窓口」の対応クラウドサービスに、メジャークラウド2種を追加し、システム監視機能の拡張や、障害時のアラートを自動処理する「自動オペレーション」対応OSを増やして、本日より提供開始すると発表した。

24時間365日対応の統合サポート窓口では、従来の「IIJ GIOサービス」およびMicrosoft Azureに加え、IIJ経由でそのライセンスを購入した顧客向けに、AWSMicrosoft Office365に係るサポートを開始する。AWSサポートオプションでは、AWSの「ビジネスサポート」に相当する問い合わせレベルのサポート、そして、Office365サポートオプションでは、Microsoft Office365 CSPプログラムにおける運用フェーズでの問い合わせを代行するという。

IIJ統合運用管理サービスは、メニューの一つ「監視サービス」の「標準監視」において、Amazon CloudWatchとの連携によるAWSの一元的な運用監視(対象:サーバのCPU、データ転送容量、ディスク容量の使用状況など。ログファイルへのキーワード設定によりアラート通知も)、およびエージェントを利用した監視データの自動取得といった機能拡張がなされた。

運用の「自動オペレーション」に、Windows OSとCisco機器が加わった。

IIJ、マルチクラウドの自動運用管理を実現する「IIJ統合運用管理サービス」において機能を拡充し、システム監視範囲を拡大

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事