AI活用で最適な抗がん剤治療法を提示

SBI生命保険と近畿大学は、AI(コグニティブ・コンピューティング・システム)を活用したがん遺伝子パネル検査に基づき、患者に最適な抗がん剤治療法を提示する体制を構築した。同社によると、この取り組みは生命保険業界初になるという。

2018年夏から、近畿大学医学部附属病院は治療中のがん患者を対象にAIを活用したがん遺伝子パネル検査の実施可能性を問う研究を先行実施し、SBI生命は研究にかかる費用を支援することで、新たな保険商品の開発に向けた研究を開始する。

がん遺伝子パネル検査は、患者一人ひとりの微小ながん組織、または血液から遺伝子情報を解析して最適な治療法を診断するもの。がんの標準治療が効かなくなり使用できる薬がなくなった場合でも、効果が期待できる薬物治療を見つけられる可能性があるという遺伝子検査技術だ。

近畿大学医学部ゲノム生物学教室(教授 西尾和人)では、「近大クリニカルシークエンス」プロジェクトとして全国に先駆けてがん遺伝子パネル検査に取り組み、これまでに1,000件以上のがん組織サンプルの遺伝子解析を実施してきた。

今回、近大クリニカルシークエンスにAI技術を取り入れることで、電子化された2,000万を超える論文情報をはじめ、がん腫瘍部分の遺伝子変異や生命のメカニズムに関するAIの膨大な知識情報を活用して、患者一人ひとりに適した抗がん剤とその標的となる遺伝子を解析。経験豊富な遺伝子解析の現場の医師と、情報処理能力と作業時間の効率化というメリットを持つAIが連携することで、より最適ながんゲノム医療の提供体制を構築する。

がん遺伝子パネル検査は、近畿大学医学部附属病院だけでなく国内の一部医療機関ですでに提供されているが、現在のところ保険診療ではなく、検査費用や検査後に薬物治療を受ける場合の費用が高額であることから、多くのがん患者が利用するには社会環境が整っていないという大きな課題を抱えている。

全国に先駆けてがん遺伝子パネル検査を実施してきた近畿大学医学部とSBI生命は、この高額費用負担という課題に対して、保険商品化による費用負担軽減が解決策になるものと考えた。生命保険業界初となるこの取り組みによってがん治療に革命を起こすべく、人工知能や保険商品を活用するためのノウハウを研究するという。

近畿大学とSBI生命 人工知能を活用したがんゲノム医療の体制を協力して構築

カテゴリー: バイオ , ロボット/AI , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事