IoTクラウドに最適なデバイスを推奨し環境構築を加速

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を導入する。産業分野において、そのための検討は収集・分析すべきデータ、全体のしくみ、ネットワークの種類、対象機器やセンサー等のスペックにまで及ぶ。

いざ構築という段になって、データを産出するデバイスがそのしくみの規格外だったら、一大事である。

企業のIoT導入では、データを収集するセンサーデバイスやネットワークゲートウェイ(GW)を用途に応じて適正に選定することが重要だという。NTT Comはきょう、IoT分野におけるトータルソリューション強化の一環として、同社のIoTプラットフォームとの通信確認がとれたデバイスやIoT-GWを定める「Things Cloud®」推奨デバイス制度を開始する。

同制度の対象となるのは、センサーデバイスとIoT-GW。推奨基準として、これら対象デバイスを扱う企業が、NTT Comが定めた試験項目について「Things Cloud®」と通信試験を実施し、その結果をNTT Comへ報告――。試験結果について問題がなかった場合、後日NTT Comより推奨対象となった旨の通知を行う。企業には、tc-device@ntt.comへの事前申請によって、試験項目表の送付、および「Things Cloud®」の検証環境の貸出が行われる。

推奨対象となったセンサーデバイスやIoT-GWは、車、家、機械など遠隔にあるモノを管理するための可視性の高い制御プログラムを提供可能にする、開発者向けWebサイト「Things Cloud®」に掲載され、NTT Comが参加する各種展示会などでも紹介されるという。

NTT Comは、顧客がIoTで解決したい多様な課題に迅速に対応できるよう、予め「Things Cloud®」との通信確認がとれたセンサーデバイスやIoT-GWのラインアップを拡充することで、IoTソリューションの強化を目指す考えだ。

IoT分野におけるトータルソリューション強化に向け「Things Cloud®」推奨デバイス制度を開始

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事