東京メトロ、訪日観光客向けサービスを拡充

東京メトロは、訪日外国人旅行者用乗換検索アプリ「Tokyo Subway Navigation for Tourists」と、目的地までルートを検索できるディスプレイ「Tokyo Subway Navigation for Tourists Plus」の対応言語にフランス語・スペイン語を追加した。

Tokyo Subway Navigation for Tourists(以下、検索アプリ)」は、訪日外国人旅行者がオフライン環境で、東京の地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)の乗換検索が可能な東京メトロ公式アプリ。東京メトロによると、全世界で244万を超えるダウンロード数があるという。

また、Tokyo Subway Navigation for Tourists Plus(以下、検索ディスプレイ)は、乗換検索機能に加え、目的地の最寄り駅から目的地までの徒歩ルートを検索できる機能を備えたディスプレイ。東京メトロの観光ニーズの高い14駅に設置している訪日外国人旅行者に情報提供を行う「ウェルカムボード」に順次導入している。2018年3月時点で10駅12カ所に設置されている。

今回、検索アプリ及び検索ディスプレイの対応言語を追加することで、日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語・フランス語・スペイン語の7言語にそれぞれ対応する。

訪日外国人旅行者用乗換検索アプリ・ウェルカムボード設置ディスプレイの対応言語に2言語追加

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事