RFIDで医療材料トレーサビリティーを開始

ボストン・サイエンティフィック ジャパンとNTTデータは、カテーテル等の医療材料領域において、製造販売業者、販売代理店・特約店が共同利用できるオープンかつセキュアなプラットフォームの創出と標準規格の形成を目指し、2018年3月7日から実証実験を実施する。

実証実験では、医療機器製造販売業者であるボストン・サイエンティフィックが商品にRFIDを貼付し、個別識別IDを記録することで、医療材料を取り扱う製造販売業者、代理店・特約店が一元的に預託販売商品と通常販売商品の情報が管理可能なサービスを提供する。医療材料預託と通常販売におけるRFIDタグの有用性と、製造販売業者、代理店・特約店における業務効率化の可能性について検証を行う。

また、NTTデータのデジタル技術を活用し、モバイル端末による在庫の確認や受発注予測機能を開発し、リアルタイムな在庫状況の見える化、医療機器製造販売業者の生産管理への情報活用と、サービス化に向けたプラットフォーム機能拡張の可能性を検証する。

2018年4月までにソリューションの有用性を評価し、2018年度内をめどに医療材料領域の製造販売業者、販売代理店・特約店が共同で利用可能なプラットフォームサービスの提供開始を予定している。さらに将来的には医療材料の使用実績と患者情報を紐付けて、医療機関におけるアウトカム注分析等のデータ分析にも利用できるサービス展開を目指す。

RFIDタグを用いた医療材料トレーサビリティーの実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , 製造 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事