IoTセキュリティに関する技術の開発・実証、標準化を推進

アイビーシー(IBC)は、組込みシステム技術協会(JASA)の支援を受け、安全性向上委員会の情報セキュリティワーキンググループとして、「kusabi コンソーシアム」を設立したことを発表した。

kusabi(楔)とは、ブロックチェーン技術による電子証明システムと、独自のデバイスプロビジョニング技術により、ソフトウェアだけでIoTセキュリティを実現するサービス。

kusabiコンソーシアムでは、JASA会員をはじめとする企業・団体、有識者の協力を得て、実証実験の対象となるIoTデバイスを拡大し、kusabiを活用したIoTセキュリティに関する技術の開発・実証、標準化などの推進を目的に設立された。

具体的にはPDCAサイクルにて運用し、IoTデバイスとOTA(Over The Air)で接続するkusabi のプロビジョニングサーバのAPI(Application Programming Interface)をコンソーシアムメンバーと協働で策定。現場のビジネスユースを踏まえて、標準化を図る。また、コンソーシアムの成果は、外部にもアナウンスする予定。

初年度の幹事企業は、IBC、ジェーエフピー、日立産業制御ソリューションズ。情報セキュリティ大学院大学 大久保 隆夫教授、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター プロジェクト事業推進部 IoT 開発セクターなどがアドバイザリーを務める。

IoTセキュリティの標準化に向けたコンソーシアムを設立

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事