次世代モビリティ社会実現に向けた産学連携、群馬大学とSMBC

群馬大学と三井住友銀行は、地域における自動運転自動車を活用したモビリティサービスの実現に向けて、「次世代モビリティ社会実装研究に関する協定書」を締結した。群馬大学によると、自動運転分野に特化した、大学と銀行の産学連携は国内初の取り組みだという。

自動運転車の実用化に向けた取り組みは世界中で加速しており、国内各地で公道実証実験が開始されている。群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、大学として全国で初めて、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体などとも連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向けた研究を積極的に展開している。

三井住友銀行は、「100年に一度の大転換期」とも言われる自動車産業の競争環境変化の中、2016年4月に、部門横断的なチームとして「次世代自動車プロジェクトチーム」を立ち上げ、来る自動運転社会や電動化・サービス化などへの企業の戦略対応を積極的に支援してきた。

2017年11月には、神戸市北区筑紫が丘における「ラストマイル自動運転移動サービス」の実証実験において、三井住友フィナンシャルグループの一員である日本総合研究所と群馬大学が連携するなど、次世代モビリティ社会の実現に向けてグループを挙げて取り組んでいる。ラストマイル自動運転移動サービスとは、自宅からの近距離圏内の移動のための、自動走行技術などのIoTを活用した新しい移動サービスのことを指す。

このたび、群馬大学と三井住友銀行は、地域における自動運転車を活用したモビリティサービスの開発と同サービスの全国展開に関して連携することで合意した他、三井住友銀行では、各地域の地元金融機関とも連携して、次世代モビリティ社会に求められる金融サービスを検討していく。

次世代モビリティ社会実現に向けた産学連携協定の締結について

カテゴリー: 情報通信 , 金融 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事