電気自動車や産業用アプリケーションで製品性能を向上するSoC製品

日本テキサス・インスツルメンツは、「C2000」Piccoloマイコン製品ポートフォリオに、新製品の追加を発表。最新性能を備えた新型の「F28004x」マイコン製品群は、コスト重視の電力制御アプリケーションに対して最適化されている。

F28004xマイコン製品は、これまでのPiccoloデバイスよりも60パーセント低い動作時消費電力を提供。オプションのオンチップDC/DCコンバータが動作時消費電力を最大70%削減する。TIの第4世代の高分解能パルス幅変調(PWM)タイマ・テクノロジーが、最も進歩した高周波スイッチング手法を実装、効率や電力密度を向上させる。

デジタルとアナログ両面で性能水準を向上させ、複数の入力、出力と内部リソースを統合した制御と保護のメカニズムを柔軟に支援する。また、新しい機能として、デバッグ機能を強化する組み込みのリアルタイム解析・診断ユニット、絶縁障壁間の通信スループットを向上する超高速シリアル・インターフェイス、ブート・モードのピン数を削減可能にする複数の柔軟なブート・モードなどを提供する。

開発各社は、F28004xマイコン製品に内蔵されたシステム保護機能や、高性能の電力制御システムを開発可能にする複数の新機能に加えて、アナログ機能の利点を活用することで、BOM(原材料)コストを削減しながら、より小型、より高い信頼性のシステムを開発できるという。

日本TI、『C2000』Piccoloマイコン製品ポートフォリオに 新製品を発表、コスト重視の電力制御アプリケーション向けに 最大限の高効率を提供

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事