国内初のセルラーLPWA通信サービスを開始

KDDIは、法人顧客を対象に3GPP標準規格「LTE-M(Cat.M1)」に対応した、IoT(モノのインターネット)利用に最適な超小型のLTE-M通信モジュール「KYW01」を提供開始した。

LTE-M(Cat.M1)は、携帯電話網を活用して省電力かつ広域なエリアカバレッジを特長とする3GPPリリース13に基づくLTE標準規格。低消費電力技術「eDRX(extended Discontinuous Reception)」と「PSM(Power Saving Mode)」、広域なエリアカバレッジを可能とするカバレッジ拡張技術「Coverage Enhancement」が特徴でKYW01もこれらの技術を適用する。

KYW01では、通信モジュールの簡素化と独自のセラミック基板技術により、一定の耐久度を備える約20x20x3.7mmの超小型サイズを実現。低消費電力技術eDRXにより着信確認の間隔を長くすることや、PSMにより着信をしない時間を設け通信頻度を減らす。また、通信モジュールの動作回数が減ることで低消費電力が図られ、電池での駆動時間が長くなることでIoTの導入をより容易にするという。

さらにカバレッジ拡張技術により、複数回同じデータを受信し、受信できたデータをつなぎ合わせて欠落部分を補うことで、より広いエリアでの通信を可能にする。加えて、KDDI IoTクラウド デバイス管理に対応することで、ファームウェア更新や状態監視、省電力機能の設定などの作業を遠隔で実施可能。提供価格はオープン価格となっている。

IoT活用の幅が広がる国内初のセルラーLPWA通信サービス開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事