インバータにて機械・設備を可視化、故障予知も

モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などの活用をバネに、近ごろ産業界は変革を目指している。IoTが生み出すビッグデータによる変化がが最も早く進むとみられている、生産現場では今、ラインの環境、施設、機械類の「センシング」がキーワードになっている。

一般的にはそれらにセンサーを取り付け、あるいは新たに導入したセンサー付きの設備や機械を、ネットワーク越しにモニタリングし、統合管理する手法がとられる。ゴールは工程等の可視化や改善、柔軟かつ高効率な生産ラインの実現だ。

そこで、機械・設備の生産効率向上や保守費用削減を目的とした運転状況のセンシングや、それを活用した機械の故障予知に対するニーズが高まっているという。安川電機は、インバータによる機械・設備の視える化、および故障予知や不具合の検知を実現するプログラミングツール「DriveWorksEZ」の機能強化版を、本日よりリリースする。

昨年10月に新たな産業自動化革命の実現に向けたコンセプト「i³-Mechatronics」を発表した同社は、既存のハード面でのソリューション提供に加え、その機械・設備を実稼働させた後のデータ活用による生産性の向上、高い品質の確保・維持、止まらないラインの実現といったソフト面での製品力を拡充し、これらを顧客の生産現場へ総合的に届けることを目指している。そして今回、より正確なセンシングを可能にする。

プレス機やコンプレッサなど様々な機械・設備で使用されている同社のインバータGA700は、プログラミングツールDriveWorksEZを用いてカスタマイズすることでモータの制御だけではなく、インバータの内部情報によるセンシングを具現化。そのデータを活用することにより機械・設備の視える化、故障予知や不具合の検知も行えるようになる。新バージョンのツールにより、作業効率の大幅な向上も期待できるという。

機械・設備の視える化、故障予知をインバータで実現- インバータ用プログラミングツールDriveWorksEZの機能を強化 -

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造   

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事