IoTビジネスの実態調査を公表、サイプレス

日本サイプレスは、企業におけるIoTビジネスの実態を把握するため、IoTビジネスの段階、試用するワイヤレス技術、クラウドサービス、IoT向けセンサー/ゲートウェイ製品の課題、IoTサービスの課題について、国内の様々な業界を対象に調査を実施。その結果を公表した。

資料ダウンロードはこちら 


IoTビジネスの段階に関する質問では、11%程度が「既に製品・サービスをリリース、運営、または導入済み」15.6%が「製品・サービスを開発中」と回答。一方、64.6%が「IoTについて調査中、企画中、またはビジネス開拓中」の段階にあり、多くの調査対象者の企業ではIoTビジネスにおいて初期段階にあることが分かった。

IoTで使用したい無線技術に関する質問では、「Wi-Fi」と回答した調査対象者が6割以上となる一方、その他の無線規格は10~20%程度にとどまった。また、IoTで使用するクラウドサービスに関する質問では、「AWS」「Azure」「Bluemix」などの「パブリッククラウドサービスを利用する」と回答した調査対象者が5割以上となる一方、35.8%の対象者がIoTビジネスにおいて自社インフラ環境を利用していた。

IoT製品(センサー、ゲートウェイなど)への課題に関する質問では、32.8%が「製品自身の企画」、32.2%が「セキュリティ」、22%が「無線テクノロジー」、21.4%が「コスト」と回答した。

また、IoTサービスの課題に関する質問では、4割以上が「セキュリティ」と回答しており、「アプリケーションの企画、開発」(32.2%)、「システム全体のコーディネート」(32.4%)よりも上回る結果となった。

資料ダウンロードはこちら 

IoTビジネスに関する調査結果

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事