賞味期限・消費期限が近い食品を購入すると「dポイント」などを付与

NTTドコモは、、東京都中央区の「miniピアゴ入船1丁目店」において、スマートフォンアプリを活用し、賞味期限・消費期限が近くなった食品を購入した消費者にポイントを付与することで、食品ロスを減らす仕組みである「EcoBuy」の有効性について実証実験を行う。

実証実験では、消費者(会員)は、EcoBuyアプリを通じてカメラ撮影されたレシート、賞味期限・消費期限を使い、EcoBuy対象商品を購入したことをシステムへとアップロードする。その内容をポイントセンターで確認し、条件に合致している場合はインセンティブとしてポイントを消費者へ付与する。

このシステムにより賞味期限・消費期限間近の商品購買を促進し、食品ロス削減へとつなげる。また、実証実験期間中、消費者が登録した賞味期限・消費期限情報を基に、その期限が一定期間近づいたタイミングで通知を行う。その際、対象食品を完食していた場合はサンキューメッセージを、飲食前の場合は購入した食品で作れるレシピを提案して消費を促進する。

世界では年間13億トンもの食品が食べられることなく捨てられているという現状がある。日本においては、全国で年間621万トンの食品ロスが発生している。食品ロスの削減のためには、可燃ごみ中で大きな比率を占める食品廃棄物の発生抑制が不可欠だという。

今回のモデル事業では、この課題に対して、スマートフォンアプリを活用し、賞味期限・消費期限が近い食品を購入した消費者にポイント(dポイントなど)を付与することで、食品ロスを減らす仕組みの有効性の検証を行う。実証実験では、消費者が賞味期限・消費期限の近くなった食品を積極的に購入いただくことで、店舗から定価の約20%相当のポイントを付与する。

アプリで食品ロスを削減する実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事