EVの充電遠隔制御実験を開始、関西電力ら

関西電力、住友電気工業、日産自動車は、バーチャルパワープラント(以下、VPP)構築実証事業において、電気自動車(以下、EV)の充電遠隔制御実験を開始したことを発表した。

VPP構築実証事業である「関西VPPプロジェクト」では、EVおよびプラグインハイブリッド車(以下、PHV)をエネルギーリソースとして活用した取組みを行っている。今回、関西電力の事業所や一般家庭にあるEV/PHV60台に対して、新たに開発したEVスイッチを導入し、充電を遠隔制御する、全国で初めての取組みを実施する。

具体的には、関西電力のVPPサーバと住友電工のEVサーバが、日産自動車のテレマティクスサーバと連携することで得られるEVの車両情報を基に、充電による電力調整可能量を把握する。また、EVスイッチによって日産自動車製EVの充電を遠隔制御する。さらに、ユーザーに対してEV使用の参加・不参加を確認するためにスマートフォンアプリを活用することで、実運用を想定した実験を行う。関西電力では、今回得られた結果からEVの利用方法や制御データ等を分析し、VPPのエネルギーリソースとしての評価を実施するという。

今回の実証実験では、電力会社である関西電力、自動車関連機器メーカーである住友電工、自動車メーカーである日産自動車の3社が協力し、VPPシステムとEVの車両情報を連携することで、それらの技術的知見を蓄積するもの。3社は今後のEV普及による運輸部門の低炭素化と電力の安定供給を目指す。

バーチャルパワープラント構築実証事業におけるEVスイッチを活用した電気自動車の充電遠隔制御実験の本格開始について

カテゴリー: 情報通信 , 自動車 , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事