国内データセンター向けネットワーク機器市場は低成長

IDC Japanは、国内データセンター向けネットワーク機器市場の2016年の実績と予測を発表した。これによると、国内データセンター向けネットワーク機器市場は、2016年~2021年の年間平均成長率で1.3%と低成長時代に突入していることが明らかになった。

IDC Japanでは製品分野別で見ても、いずれも大きな成長は見込みにくいと予測する。最も市場規模が大きいデータセンター向けイーサネットスイッチ市場は、2016年~2021年のCAGRが2.4%と以前の高成長と比べると成長は鈍化。企業ITシステムのクラウドシフトの動きを背景に、パブリッククラウドやプライベートクラウド向けが市場をけん引するものの、クラウド以外の需要減少が成長を抑制するとIDCではみている。

また、ADC(Application Delivery Controller)市場も、2016年~2021年のCAGRが0.8%と予測。クラウドシフトの影響はADC市場にも表れ、クラウドサービスが提供するADCaaS(ADC as a Service)への需要移行がADC市場の拡大を阻害するとみている。

低成長時代に突入した国内データセンター向けネットワーク機器市場だが、同市場のリーダーであるシスコシステムズは、高いシェアを維持し続けている。また、F5ネットワークスも、ADC市場においてリーダーの地位を保っている。データセンター向けイーサネットスイッチ市場では、近年、市場で注目を集めているベンダーが引き続き成長。最近エクストリームネットワークスに統合されたブロケード コミュニケーションズ システムズと、アリスタネットワークスは、2016年の国内データセンター向けイーサネットスイッチ市場でシェアを拡大している。

クラウドシフトの影響や市場の成熟化、新たな脅威の台頭によって変化している国内データセンター向けネットワーク機器市場において、データセンター向けネットワーク機器ベンダーは、「クラウドシフトやSDN(Software-Define Network)化の強い流れに対して、もはや抗うのではなく、クラウドに適した製品やSDN環境下で制御しやすい製品に製品戦略の重心を移すのが得策である」とIDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一氏はコメントしている。

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向を発表

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事