IoT&AIで店舗業務の改善支援

近年、日本では、生産年齢人口の減少が社会全般の課題となりつつある。労働力不足はさまざまな業種において深刻で、レジや品出し、バックヤードでの在庫準備など、多くの人手を必要とする流通小売業の店舗内業務でも同じ問題を抱えている。

特に金銭を扱いお客との接点となるレジ業務は負担が大きく、多くのスタッフ確保が必要となる。レジ混雑はクレームの最たるもので、顧客満足を重視すれば要員過多となり、効率化を重視すればレジが混雑するため解決に難しさがあったという。OKIは、IoT(モノのインターネット)画像センシング、人工知能(AI)・アナリティクス技術を活用した店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT™」の第一弾となるサービス、「レジ適正台数見える化」と「レジ混雑予測」の販売をきょうから開始すると発表した。

国内初となる両サービスにおいて、「レジ適正台数見える化」は、映像IoTシステム「AISION™」と、マネージドクラウド「EXaaS™」上に実装された独自AI・アナリティクス技術を用いて、レジの待ち人数を認識してPOSデータとも連携することで、レジ開閉のムダ・ムラを見える化。適正なレジ台数を日毎・時間毎に把握できるようになり、過去実績から推奨レジ開局台数を想定し、スタッフのシフト計画最適化も行える。

一方、「レジ混雑予測」は、来店客の属性情報と買い物時間を認識することでレジへの到達人数を予測、適正なレジ開閉台数を逐次算出し、管理者のスマホに通知する。内容に従うだけで誰でも最適なタイミングでレジの開局指示が行えるようになり、レジの混雑を未然防止し顧客満足度を向上させられる。要員の適正配置により、店舗全体の人時生産性を向上(同社測定値:レジ8台店舗で10%以上)できるという。

同社は今後、「VisIoT」のサービスメニューをいっそう充実し、金融や運輸など他業種の店舗業務も改善支援していく構えだ。

IoTの画像センシングとAI・アナリティクス技術を活用した店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT™」を販売開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

小さくはじめて大きく育てる 日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版(一部抜粋版)です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事