会員限定

創薬・医療分野にて匿名バンクを活用

医薬品の開発費用は世界的に高騰し、臨床研究・治験の効率化が求められている。特に希少疾患は全国に患者が点在していて、臨床研究だけでなく製造販売後の安全性評価にも多くのコストがかかっている。

このような中、厚生労働省が提案したクリニカル・イノベーション・ネットワーク構想において、患者レジストリ(疾患登録情報)による情報収集の効率化とコスト低減が期待されている。来年4月施行予定の省令では、基準を満たす患者レジストリのデータが製造販売後の安全性評価に新たに活用できるようになるという。日立製作所は、医薬品や医療機器の迅速な開発を支援するヘルスケア分野向け「患者レジストリサービス」を、来る4月1日から提供開始と発表した。 患者レジストリとは、患者の疾患、治療内容、治療経過などを管理するデータベース。そして、来週東京でのフォーラムでも紹介予定の「患者レジストリサービス」は、日立の秘匿情報管...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法