AR上のAIキャラとの対話システムを開発、KDDI

KDDIは、AR(拡張現実)空間上のAI(人工知能)キャラクターと対話ができるシステムを開発し、2017年10月3日から6日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017」のKDDIブースに展示する。

この展示は、3DカメラによるAR体験を実現するGoogleの「Tangoテクノロジー」の空間認識技術を活用することで、KDDIが提供するスマートフォン向け音声アシスタントサービス「おはなしアシスタント」のキャラクターである、ヨリソイ型ハーフヒューマノイド「レナ」がAR空間上に出現するというもの。

レナは対話AIを搭載しており、ユーザーと日常会話が可能な他、今回の展示では対話形式で次世代移動通信システム「5G」について説明する。KDDIによると、ユーザーは目の前にあたかも説明員として座っているレナと、ジェスチャーや動きを交えた自然な対話を通じて、音声エージェントだけでは実現が困難な感情的で豊かな現実世界に溶け込んだバーチャルキャラクターとの接客デモンストレーションを体験することができるという。

KDDIはおはなしアシスタントを、実用的だけではなく、より話しかけたくなるような親しみの持てるコミュニケーションの実現を目的とする他、今後も様々な場所での実証を通じてより実態に即した対話ログを収集・学習することで対話AIの精度を向上させ、auショップのサポートなどへの活用を検討していくという。

AR空間上のAIキャラクターと対話ができるシステムを開発 |

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事