ボルグワーナー、電気自動車の燃費を向上する48V技術を自動車メーカーに供給

米ボルグワーナーは、駆動システムの需要が世界規模で変化していくとの予測を発表した。フルハイブリッドおよびバッテリー式電気自動車(BEV)向けシステムに加え、48Vマイルドハイブリッド技術が重要なステップになるとの見解を示した。

ボルグワーナーは、2015年のRemy買収と電動車両向け部品サプライヤーであるSevconの2017年中の買収合意を通じて48Vマイルドハイブリッド技術を開発し、提供してきた。

同社は、ハイブリッド車の年間生産台数が 2027 年までに約2,500万台に達し、48Vシステムは世界のハイブリッド車市場の60%超を占めることになると予測する。電動コンプレッサー「eBooster」や「iBAS(integrated belt alternator starters)」などのボルグワーナーの48Vシステムは、廃エネルギーを保存して有効活用し、駆動力や燃費、性能などを提供。

ボルグワーナーは現在、最新システムを利用してeBoosterソリューションの量産化に乗り出しており、ダイムラーの最新式 3.0Lガソリンエンジン用をはじめとして、グローバル自動車メーカー3社への販売を開始する。

ボルグワーナーの最高技術責任者であるクリストファー・P・トーマス(Christopher P. Thomas)氏は「ボルグワーナーは、複数の48V製品分野で事業を展開している。そのため、個々の技術をシステムとして機能させることができる。例えば、我々のエンジニアは、電動コンプレッサーであるeBoosterとiBASを組み込んだ48Vシステムを評価することで、バッテリー充電から駆動システムへのニーズに最も効果的に転換する上で最適な制御戦略を決定した。これによってエンジンサイズの最適化や、ターボチャージャーと駆動系コンポーネントのより適切な組み合わせが可能となる。自動車メーカーはパッケージングスペース、アーキテクチャ、デザイン、燃費の革新的な改善を図れる。ベースラインとアプリケーションによっては、燃費が20%改善する可能性もある」とコメントする。

また、ボルグワーナーの社長兼最高経営責任者であるジェームズ・R・ベリアー(James Verrier)氏は「我々は、電気自動車技術に対する需要と機会の創出に期待を寄せている。これは業界にとって大きな転機となるだろう。48Vシステムの量産化は、よりクリーンで、よりエネルギー効率に優れた製品という最終目標の達成につながると考えている。我々は、幅広い製品群とシステムに関する深い知識を生かして、自動車メーカーの目標達成を迅速に支援できる」と述べている。

ボルグワーナー、48V技術で電気自動車の燃費を向上しグローバル自動車メーカー3社への供給を開始

カテゴリー: 自動車 , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事