東陽テクニカ、強誘電体特性評価システムを刷新

東陽テクニカは、メモリーやMEMS(微小電気機械システム)などに使われている強誘電体や圧電体などの諸物性を評価する強誘電体特性評価システム「FCE10 シリーズ」を開発した。3つのモデルを2018年1月に販売開始する。

FCE10 シリーズは、メモリーやMEMSなどに使われている強誘電体や圧電体材料の研究で電気的特性(分極特性)や電気-機械結合特性(圧電特性)を評価する装置。材料開発の場面で、開発した材料・デバイスの特性を評価し、期待の特性が得られているかを評価するために使用されている。

同社の「FCE シリーズ」の後継機で、今回、MEMSや強誘電体メモリー、有機圧電素子、マルチフェロイック素子、新規材料など新しいアプリケーションにも対応できるようにシステムを刷新。より高精度に、高速測定ができるようアップグレードした。「正逆圧電定数 e31」を新規格「IEC62047-30(審議中)」で測定できるオプションを揃えた。同社によると、この機能を備えるのは業界で初となるという。

高速版からベーシックモデルまで3つのモデルで幅広い用途に対応。遠隔制御も可能で、温度コントローラや磁場測定器、オートプローバーなど外部装置と組み合わせて測定できる。「三角波ダブルパルス法」によってリーク電流をキャンセルする測定ができ、リーク電流に埋もれた自発分極を確認することが可能。

高精度・高速測定ができる強誘電体特性評価システム「FCE10 シリーズ」を自社開発・発売

カテゴリー: 情報通信 , 製造 , 東陽テクニカ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事