シャープら4社、IoTを活用した集合住宅向け見守りサービスを提供

アルテリア・ネットワークス株式会社(以下、アルテリア・ネットワークス)、シャープ株式会社(以下、シャープ)、アイホン株式会社(以下、アイホン)、株式会社アッサアブロイジャパン(以下、アッサアブロイ)の4社は、家族がより安心なマンションライフを実現するためのIoT(Internet of Thing)サービスとして、「つたえるーむ」プロジェクトを開始した。

このプロジェクトは、新築分譲マンションを主な対象として「共働き世帯でも安心して子育てができる家」をテーマに企画。近年増加傾向にある共働き世帯の子供の帰宅状況の把握や、家に子供しかいない時の来訪者対応への不安解消をIoTで実現することを目的としている。つたえるーむは鍵の開け閉めや、インターホンの呼び出しといった普段の行動を通じて家族を見守る。

具体的には、共用部のハンズフリーオートロック(アッサアブロイ提供)を通過するだけで、通過したカード所持者の帰宅および外出の情報をスマートフォンアプリ「ココロボ~ド」(シャープ提供)に通知する。各戸(専有部)に設置のデジタルドアロック(アッサアブロイ提供)を、カード所持者が解錠したことをココロボ~ドに通知。

ココロボ~ドでは、デジタルドアロックの施錠状態を確認でき、解除状態であれば施錠することも可能。集合玄関機(アイホン提供)からお部屋の呼び出しがあった場合、来訪者の画像と来訪時間をココロボ~ドに通知する。

また、来客用駐車場などの共用施設を、マンション専用ポータルサイト(アルテリア・ネットワークス提供)からWeb予約することが可能。

サービスの利用にあたっては、アルテリア・ネットワークスのマンション全戸一括向けインターネット接続サービス「UCOM光 レジデンス」と、アイホンのインターホンシステム「VIXUS」と、アッサアブロイのデジタルドアロックが必要となる。4社は、今後も新しいライフスタイルを創出するサービスで協業していく予定。

アルテリア・ネットワークス、シャープ、アイホン、アッサアブロイの4社が集合住宅向けIoTソリューション「つたえるーむ」プロジェクトで協業

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事