会員限定

百度(Baidu)が活用しているIntelの最新エッジコンピューティング技術

中国の大手IT企業「百度(以下Baidu)」は、2018年7月に上海で行われた「ABCサミット」でBaiduを利用しているプライベートクラウド顧客向けに多国籍企業向けのアプリケーションを開発すると発表した。Baiduは中国で最も利用されている検索エンジンで、他にも様々なサービスを提供しているIT企業である。

カテゴリー: Cutting Edge

IntelとBaiduが提携した目的は、Baiduの提供している金融サービスやロジスティクス、ビデオストリーミングにおけるAI機能を強化するためだ。 以下では、BaiduとIntelが取り組んでいる最新エッジコンピューティング活用方法について解説していく。 ロジ分野ではIntelのOpenVINO Toolkitでリアルタイム接続を向上させる Baiduは近年自動運転の分野にも進出しており、日々新しい技術開発に取り組んでいる。最近のニュースでは、2017年7月にSuning LogisticsとBaidu傘下のBaidu Apolloが戦略的パートナーシップを締結したことを発表...全て閲覧(メンバー限定)

百度(Baidu)が活用しているIntelの最新エッジコンピューティング技術

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法