会員限定

遠隔地でも患者とつながることができるClinivantageのIoTヘルスケアデバイス

IoTはヘルスケア分野での活用のために活発に研究・開発が行われている。インターネット接続さえあれば、遠隔地であっても医療的な診断を受けることができる時代になった。インド・デリーには2017年に設立されたヘルスケア・スタートアップClinivantageという企業がある。

カテゴリー: Cutting Edge

Clinivantageは医師、セラピスト、専門家がいつでもどこでも患者とつながることができるIoTデバイスを開発している。このデバイスは民間および公衆衛生分野の小・中規模および第3世代の病院で利用することができる。ClinivantageのIoTデバイスはトランザクション、臨床、管理および商業データを統合システムでシームレスに管理し、プロバイダーの管理によって期待される結果を提供することができるプラットフォームである。 Clinivantageの特徴 画像出典:Clinivantage Clinivantageは患者を焦点に置いているサービスを提供している。 同社のサービスは3つに分...全て閲覧(メンバー限定)

遠隔地でも患者とつながることができるClinivantageのIoTヘルスケアデバイス

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法