会員限定

PERFORCE社・最新情報、技術分野の投資を強化することによるその効果 プレゼンテーション資料

東陽テクニカおよびPERFORCE社共催によるビジネスフォーラム「PERFORCE on Tour 2017-デプロイメント・ファースト」が10月4日、終日にわたり東京国際フォーラムで開催された際の、Perforce Software社Philip O'Hara(フィリップ・オハラ)氏プレゼンテーション。

PERFORCE on Tour 2017-デプロイメント・ファースト
東陽テクニカ/Perforce Software Inc.共催ビジネスフォーラムの詳細はこちらをご覧ください。

フィリップ・オハラ氏によるプレゼンテーション
動画再生時間:17分21秒

PERFORCE社ではこの12か月間、「人材」「製品」「企業成長」「顧客対応」を柱に活動を進めている。特に技術分野における投資を強化し、61%の従業員を技術部門に所属させ、開発、テクニカルサポート、ソリューションエンジニアリング、プロフェッショナルサービスに従事、25%の収益を製品開発に再投入した。業界標準は18-20%であるから高水準を保つ。また技術部門の活動の中心であるカリフォルニア、オハイオ、イギリスの3拠点において継続的に新たな人材を投入した。2017年5月には「Helix Team Hub」をリリースし、新規顧客の獲得率は47%増加、ソフトウェア収益率は27%増、顧客リピート率は95%超に上り、従業員数は23%増えた。3つのオフィスを新設し、現在は世界中7つのオフィスを展開する。企業2社の買収も行った。グローバルサポートとサービス組織の改変によって、「問題解決までに要する平均時間が前年比で58%改善」し、「初動までに要する平均時間は80%以上向上」、「サポート担当を前年比で14%増員」、「Helix Core,Swarm,P4V全体で700件以上の不具合を修正」「Helix Core,Swarm,P4V全体に寄せられた機能要件は227件に上った」と説明された。

「PERFORCE on Tour 2017-デプロイメント・ファースト
東陽テクニカ/Perforce Software Inc.共催ビジネスフォーラムの詳細はこちらをご覧ください。

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法