会員限定

糖尿病患者への投薬効果を予測する、AI学習モデルの構築はじまる

膨大なデータから素早く解を見つけ出したり、精密な推論や正確な判断をしたりして人の役に立つ。人工知能(AI)は昨今、医療分野での活用に期待が高まっていて、生活習慣病における治療の効率化、予防の観点からもその早期実現が望まれている。

その一つ、糖尿病は血糖値の継続的なコントロールを要し、HbA1c値を7.0%未満(合併症予防の目安)に維持することが治療目標となる。食事や運動に配慮する一般療法に加え、経口血糖降下薬やインスリン製剤などを用いる薬物療法を"適切"に行うことが重要である。長期に渡る治療中、病態は複雑になるのに、様々ある経口血糖降下薬については選定、組合せ、順序、副作用等を考慮した決定方法が確立されていないという。 札幌医科大学と富士通、富士通北陸システムズは今月、臨床情報データのAI活用に向けた共同研究として、糖尿病治療における経口血糖降下薬の処方最適化に関するAIによる学習モデルの構築に着手する。機械学習用の...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法