会員限定

次代のエンジン、ガソリンおよびディーゼルの燃焼効率50%超を達成

昨今、世界で自動車の電動化が進んでいる。しかし2040年になっても、すべての自動車(HV・PHV等を含む)の約89%には内燃機関が搭載されているだろう。予測を認めつつ地球温暖化の一因とされるCO2の排出量を減らすには、内燃機関の熱効率向上が不可欠である。

各国の自動車会社はその技術開発に取り組んできた。けれども、技術の成熟化に伴い飛躍的な進展が望めなくなっている。市販車の熱効率は'70年代に30%、四十年以上経った現状でも40%程度に留まっている。乗用車用エンジンの熱効率向上を困難にしている背景には、エンジンの燃焼現象が極めて複雑かつ高速で、空気量、燃料量、燃焼のタイミング等を制御するパラメータの膨大さにあるという。 JSTの戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「革新的燃焼技術」にて、慶應義塾大学、京都大学、早稲田大学との産学連携プロジェクトチームは、上記40%の壁を5年間で打ち破り、さらに10%引き上げる目標を掲げていて、今...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法