NTT、Java開発フレームワークを公開

日本電信電話(NTT)は、Webシステムを開発するためのアプリケーションフレームワーク「Macchinetta(マキネッタ)フレームワーク」を公開し、広くIT業界全体として、高品質なシステムを安定的に効率良く開発できるよう取り組みを進めると発表した。

Macchinettaフレームワークは、Java言語向けのオープンソースソフトウェア(OSS)のアプリケーションフレームワークとして広く利用されている「Spring」を中心に、Webシステムの開発において必要となる共通機能の提供と、アプリケーションの基本的な実装手法等をドキュメントとして整備したもの。

NTTグループにおいて広く標準的に活用されており、豊富なベストプラクティスに基づいて作成されている。開発者はMacchinettaフレームワークを活用することにより、Webシステムの開発における品質の均一化と生産性の向上を実現できるという。

OSSの組み合わせによる共通機能の提供においては、様々なユースケースを想定した動作検証を行い、OSSのアプリケーションフレームワークであるSpringを中心にOSSスタック推奨モデルとして定義している。

アプリケーションの実装に関しては、これまでの適用で培ったベストプラクティスに基づくノウハウを整理し、具体的な実装方法をドキュメントとして定めた開発ガイドライン、機能確認や性能確認を行うための検証プログラム、Macchinettaフレームワークに基づく実装手法の習熟や開発時の事前検討に有効なモデルシステムなどを提供する。

効率的なソフトウェア開発を実現するNTTのJava開発フレームワークを公開しIT業界に貢献

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事