天然ガス火力発電所に比べてCO2排出量を10%低減

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、発電用大型ガスタービンの開発において30%の水素混焼試験に成功した。水素燃焼用に新たに開発した燃焼器(バーナー)などにより、天然ガスに水素を混ぜた場合でも安定的に燃焼できることを確認。

今回の水素混焼試験は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業である「水素社会構築技術開発事業」の一環として、同社高砂工場にある実圧燃焼試験設備で、63%以上の発電効率を誇る天然ガス焚きJ形ガスタービンの予混合燃焼器により、70万kWの出力に相当するタービン入口温度1,600℃の条件で実施。水素混合割合30%で、NOx(窒素酸化物)排出量、燃焼振動等について運用可能な条件を満たしつつ、安定燃焼ができることを検証した。

大型ガスタービンにおける安定した水素混焼技術は、MHPSの天然ガス焚き燃焼器技術を基に本事業の中で改良を加え開発したDLN(Dry Low NOx:乾式低NOx)燃焼器を活用し、燃焼方式はDLN燃焼器で豊富な実績のある予混合燃焼方式を採用している。燃焼器の燃料ノズルにより空気旋回流を作り、より均一な予混合気を形成でき、低NOx化を実現した。燃焼器以外については、従来の設備をそのまま活用することで、天然ガス発電所から水素発電所へ転換する際の改造コストを抑制する。

日本では、経済産業省や内閣府が先導役となり、使用時に大気汚染物質や温室効果ガスを排出しない水素を中心的エネルギーの一つに育成する気運が高まっている。ガスタービンの燃料に水素を使う研究開発も、分散型発電や地域コージェネレーション(熱電併給)に適した小規模火力発電所向けの中小型ガスタービンが先行している。

今回、大規模火力発電所向け大型ガスタービンの水素燃料化に向けた試験に成功したことで、発電時の地球環境負荷の抑制に大きく貢献することが期待され、2017年12月の「第2回再生可能エネルギー・水素等閣僚会議」において決定された「水素基本戦略」で掲げるCO2を排出しない水素社会の実現への大きな一歩となるとMHPSは説明する。

大型高効率ガスタービンで水素30%混焼試験に成功 発電時のCO2排出削減に貢献

カテゴリー: エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事