最新ロボットハンド5選!割れやすい卵や丸い棒もつかめる驚異の技術

寸法や形が決まっていて、比較的硬めのものを掴めるのは当たり前。 これからのロボ...

寸法や形が決まっていて、比較的硬めのものを掴めるのは当たり前。

これからのロボットは、個体差があり、柔らかかったり、脆かったりするものをいかにつかんで運べるかが勝負です。

そこで今回は、卵やパンを優しくつかめるロボットハンドをご紹介!

1.Soft Robotics 卵をつかんでピックアンドプレイス

2017062809.png

エアーを使ったハンド。見ての通り、割れやすい卵もしっかりつかんで運べます

※動画はこちら
2017062810.png

2.Soft Robotics 袋に入ったパンをつかむ

2017062811.png

こちらもSoft Roboticsのエアーハンドです。クシャッとなる袋も運べます

※動画はこちら
2017062812.png

3.Festo のタコ足ハンド

2017062813.png

丸い棒もタコの足のように形にならってしっかりつかめます

※動画はこちら
2017062814.png

4.Festoのカメレオンの舌ハンド

2017062815.png

こちらもFesto。カメレオンの舌をモチーフにしたフレキシブルシェイプグリッパー。形の違う色々なものもつかめます

※動画はこちら
2017062816.png

5.静電気の力を使った画期的なハンド

2017062817.png

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が開発。
薄い2枚の電子基板に電流を流して静電気を発生させ、その付着力を生かしたハンド。

※動画はこちら
2017062818.png

【番外編】3DプリンタとDIYで作れる超お手軽柔らかハンド

2017062819.png

3Dプリンタで作ったヒトデ型の樹脂パーツの真ん中にモーターを取り付け、指先から糸を通してモーターと結ぶだけ。モーターが回転すると糸が引っ張られて握る形になります。シンプルですが、こんな簡単に作れてしまうんですね。

※動画はこちら
2017062820.png

協働ロボットの次は、ソフトなハンドの時代が確実にやってきます。

用途が広がるためには、人間の手のような柔らかさと自由度が必要。

こうした技術をいち早く取り入れ、どんどんいろんな分野に広げていって欲しいですね。

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造