会員限定

食品衛生管理HACCP対応に向け、IoTクラウド全国展開へ

東京五輪・パラリンピック開催決定をきっかけに、改めて食品の衛生管理手法が問われている。選手村や訪日観戦客たちに提供される食品は、国際規格「HACCP(ハサップ)」に準拠して製造、調理加工されて管理されるのかと――。

'20年6月までに施行の改正食品衛生法では、原則として全ての食品等事業者(小売業・外食などを含む)に、それに沿った衛生管理を求めている。HACCP(危害分析重要管理点 )は、国連食糧農業機関×世界保健機関の食品規格委員会から各国に採用が推奨されていて、厚労省Webサイトでも詳説されている。 食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握した上で、原材料の入荷~製品の出荷に至る全工程の中で、それら危害要因の除去もしくは低減をゴールに重要な工程を管理し、食の安全性を確保しようする手法。HACCPに基づく食品衛生管理への対応強化、および店舗ごとの業務省力化による顧客サービスの向上のため...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法