会員限定

大空港のなかを自動運転バスが行く

車線からはみ出さず、前の車に追随して走り、高速道路で遅い車を追い越し、渋滞の最後尾や障害物などの手前で自動停止する。高度な運転支援機能を備えたレベル2車両はすでに実用化されていて、今後そのステージは「システムによる監視」が主体となるレベル3、4、5へと移っていく。

日本における取り組み等は「官民ITS構想・ロードマップ2018」(官邸WebサイトPDF資料)に詳しく、自動運転の各レベルについては、国土交通省Webサイトの資料(一覧PDF)で理解できる。いま、人手不足の深刻化や交通弱者の増加を背景に、最も注目されているのは高速道路で大型貨物車両の隊列走行などを可能にする「レベル3」と、過疎化が進むなどする地域で無人自動運転移動サービスを実現する「レベル4」だ。 そこで今月10日、愛知製鋼、SBドライブ、先進モビリティ、ANA、NIPPO、NECの6社は連携して15日~25日、羽田空港の制限区域内で自動運転バスの実証実験を行うと発表した。今回の実験では、市...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法