会員限定

カーブの先も見通せるコネクテッドカー、将来技術が走り出す

安全と乗る楽しみを両立し、ドライバーの高齢化や地域の過疎化、人手不足対策としても有望である。自動運転時代を目前にして、つながるクルマ(コネクテッドカー)の技術進化は著しい。コネクテッドカーと自動運転技術は同じ世界の同一ベクトル上に、シームレスに存在している。

今月3日、日産自動車はリアル(現実)とバーチャル(仮想)の世界を融合することでドライバーに「見えないものを可視化」し、究極のコネクテッドカー体験を生み出す将来技術「Invisible-to-Visible (I2V)」を発表した。同技術は8日~11日ラスベガスで開催のCES2019にて、同社ブースでインタラクティブな3Dデモンストレーションを通して体験できるという。 「I2V」は車内外のセンサー情報とクラウド上のデータを独自のオムニ・センシング技術により統合――前方の状況を予測したり、建物の裏側やカーブの先の状況を映し出したりも可能とする。車両の周囲360度にバーチャルスペースをマッピング...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法