会員限定

血液や尿サンプルの前処理・測定を自動化、臨床研究業務を革新する

臨床研究の現場では近年、生体試料の高感度分析と高速処理がLCMS(液体クロマトグラフ質量分析計)により可能となっている。同分析計の登場に伴い、血液中の薬物濃度のモニタリングやバイオマーカーの探索、代謝の評価が普及してきた。

一方、血液分析には前処理が欠かせず、病原体を含んだ感染性試料の処理も要するため、大量のサンプル測定では時間及び業務負担に課題が残っていたという。島津製作所は、'15年に全自動LCMS前処理装置「SCLAM-2000」を発売して以来分析業務の効率化を提案、'17年には同製品を医療機器クラス1に登録した。そして今月7日、同製品の後継機となる「CLAM-2030」の販売開始を発表した。 これまでLCMSで血液サンプルを測定する際、試薬の添加・混合、徐タンパク液の添加といった前処理工程に15~20分かかかっていた。それに対して、前処理が3~8分で完了し、さらにオートサンプラーが容器をLCMSに...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法