会員限定

救急車の最適運用システム、ビッグデータ分析技術等を用いて実現へ

救急車による傷病者の搬送において、1996年からの20年間に現場到着所要時間は全国平均で6.0分から8.5分へ、病院収容所要時間は全国平均で24.4分から39.3分へ延伸していて、社会的な課題になっているという。

消防庁消防大学校の消防研究センターは、これまで上記課題の解決に向けて、各所要時間を短縮するしくみ即ち、救急ビッグデータ、全地球測位システム(GPS)と地理情報システム(GIS)によるG空間情報等を活用した救急車の最適運用システムの研究開発を行ってきた。そして11月26日、NTTおよびNTTデータとともに、2021年3月まで、救急ビッグデータを用いた救急車運用高度化の共同研究を行うことを公表した。 3者は今年2月から同研究を実施していて、119番通報を受けてからの現場到着時間・病院収容時間の短縮を目的に、救急搬送情報、およびG空間情報やモバイル空間統計等のビッグデータと、消防研究センター...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法