会員限定

重要文化財の美しさ、VRで忠実に表現

江戸中期の画家、尾形光琳を中心とした絵師らの画風を「琳派」という。彼が影響を受けそれを模写した俵屋宗達の「風神雷神図屏風」は、昭和の切手にもなったため、ご存じの方も多いはず――。出世に100年の隔たりがあった二人は、ただ美意識により結ばれていた。

そしてまた100年後、江戸後期には、姫路城主の弟――西本願寺で出家し権大僧都になったものの後に江戸で隠棲した酒井抱一が、光琳の「風神雷神図屏風」を模写した。晩年抱一は、私淑する光琳の手による屏風の裏に、「夏秋草図屛風」を描いた。 現代の重要文化財となっている屏風の裏表を、仮想現実(VR)が再現する。と、凸版印刷がきょう発表した。同社は、光沢や表面の凹凸、色調など、照明環境や観察方向によって見え方が異なる素材の質感を精確に記録するデジタルアーカイブ技術を開発。これまで困難とされてきた文化財特有の質感をVR上でより忠実に再現可能となったという。 今回、独自の分割撮影手法により、「風神雷神図屛風...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法